大学生

大学1、2年のうちにやるべきこと 7選

大学生って何しますか?

受験勉強を頑張って、やっとのことで入った大学

でも大学生になってから、

「大学って何をしたらいいんだ」

って思った方いませんか?

 

大学は自由です。

そしてとても楽しいです。

なぜなら、時間的余裕があるから。

好きなことにとことん打ち込めます。

 

ですがその反面、時間が過ぎるのがあっという間

「気づけば一年が終わっていた」

そんなことにもなりかねません

 

そこで今回は僕が

「大学在学中にやっておいてよかった」

と思ったことを7個にまとめて紹介したいと思います。

自己分析をする

皆さん自分のことを本当に理解していますか?

何が好きで何が嫌いなのか

やりたいことは何なのか

意外とみんな自分のことを知らないものです。

 

せっかく大学に入ったんです。

ただ過ごすだけではもったいない

本当に自分のやりたいこと、挑戦したいことをとことん追求してみてはいかがでしょうか?

 

今のあなたは周りに流されていませんか?

みんなが行くから行く

みんながやるからやる

そんな基準で物事を判断していませんか?

 

飲み会、アルバイト、サークル

 

確かにこれらは大学時代しか経験することができないことです。

しかし、限られた大学時代をこれだけに費やすのはもったいないと思うのです。

確かに本当にやりたいことがアルバイトやサークルならそれに打ち込むのもいいと思います。

 

ですがいろんなことに挑戦できるのも大学生の特権です。

是非この機会に本当に自分のやりたいこと

なりたい自分を自己分析で見つけることをおススメします。

運転免許を取る

免許は大学に入ったら早期に取得するべきです。

僕の場合は、大学1年の夏休みに合宿で免許を取りました。

大学2年、3年になると友達と遊ぶ予定があったり、アルバイト、インターンシップなどでまとまった期間の休みが取れなくなる可能性もあります。

そのため大学に入って早々に取り、その後の大学生活を自由に使うことをおススメします。

自動車免許のメリット、デメリット

メリット

・車の運転ができる

運転ができる。

これはできない人と比べると非常にアドバンテージがあります。

車でいつでも遠出することができますし、自分の車をもっていなくてもレンタカーを借りればどこでも行けるようになります。

また大きな荷物を運ぶこともできるので、ショッピングや買い出しにも便利です。

・身分証明書になる

大学生になると何かと顔つきの身分証明書が必要になることが多いです。

居酒屋で年齢確認するために提示を求められたり、学割を使うときに必要になったりします。

そんなとき免許証があると安心です。

・選択肢が広がる

僕は現在、株や仮想通貨などの投資にも挑戦しているので、いろんな証券口座とかを開設しています。

その際、顔写真付きの身分証明書の提出を求められます。

そのため免許証を持っていない場合

株やってみたい

仮想通貨始めてみたい

って方がすぐに口座開設ができない

となってはじめからつまずいてしまいます。

そうなってはせっかく新しいことに挑戦しようとしたその決意が無駄になってしまうので、免許は早いうちから取っておくことをおススメします。

デメリット

・お金がかかる

免許を取るためには少なくとも30万円近くのお金がかかります。

学生ではこんな大金なかなか出せないと思うので親を説得する必要があります。

・時間がかかる

免許を取る際

合宿の場合、最短14日

通いの場合、長い人では半年近くかかります。

自分の銀行口座を持つ

大学生といっても、もうほとんど大人の仲間入りです。

外国ではもう成人扱いされます。

ですので、自分のお金を自分で管理する癖を身に着けたほうがいいと思います。

月にいくら使っているのか家計簿などをつけてみるのもいいでしょう。

 

お金とは一生付き合っていくものです。

 

今のうちに最低限の金銭感覚を身につけておいて損は無いと思います。

一人暮らしをする

親元を離れて一人暮らしをする。

これは家庭の事情でできない人もいると思います。

 

ですが1人暮らしは人生で一度は経験しておくべき。

 

そう思うくらい僕にとってよい経験となっています。

何と言っても、親のありがたみが分かります。

家事とか自炊とかもうほんとに大変です。

 

今となっては

「お母さんってこんなに大変なことを毎日やってたんだ」

と実感し、感謝してもしきれません。

本当に良い経験になるので一人暮らしをする事をおススメします。

クレジットカードを作る

クレジットカード

「それって社会人じゃないと作れないんじゃないの?」

って思った方もいると思います。

実は18歳から作れるクレジットカードもあるんです。

審査もとても簡単で、申し込みから約1週間後に使い始めることができます。

おススメはこちらの三井住友デビュープラスカードです。

年会費無料ですし、ポイントもザクザク貯まります。

基本的に上限金額が月に10万円となっていて、それを超えると使えなくなるので使い過ぎにはくれぐれも注意してください。

部活、サークルに入る

大学生は情報がとても大事です。

楽な授業はどれか、日程の変更はないか、教室の場所はどこかなど様々な情報が必要になります。

その為、同級生とのつながり、先輩、後輩とのつながりを持てるコミュニティに属することは必須だと思います。

 

また

過去問を制するものが単位を制す

そう言われるくらいくらい大学のテストにおいて過去問は必要不可欠です。

ここで得た人脈でテストの過去問をゲットし、単位を楽々ゲットしちゃいましょう。

 

また、サークルはどの大学も無数にあると思うので自分のもともとやっていた部活だったり、自分の趣味だったりに合うようなサークルの1つや2つ見つかると思います。

サークルだったら合わなかったらすぐやめられますしね。

大学に入って1人で生活していくのは正直無理です。

まず気になるサークルに入って、気の合う友達を作りましょう。

バイトをする

自分で働いてお金を稼ぐ

これは思った以上に大変なことです。

仮に時給1000円だとしても、普通のアルバイトでしたらおそらく5万円くらいしか月に稼ぐことはできないと思います。

本気で頑張って10万円ですかね

月に30万円ほど稼ぐ社会人がとてもすごく感じます。

 

お金を稼ぐ大変さ

親のありがたみが実感できます。

 

また就職する前に、様々なアルバイトをしておくのも良い経験となると思います。

自分の気になる職種、職業に近いアルバイトに挑戦してみるのがおすすめです。

ですが、アルバイトに時間を費やしすぎるのも良くない思うのでほどほどに頑張りましょう。

飲食店でバイトするなら個人経営 バイト選び6つのポイントはじめに どうもバイト大好き大学生のマッピンです。 僕は現在、個人経営の焼肉屋さんでバイトリーダーを務めています。 みなさ...

まとめ

自分がやりたいことをやる

それがすべてだと思います。

ですが

・親への感謝の気持ち

・金銭感覚

・常に自分の頭で考える思考力

これらは限られた大学生活の中で、身につけるべきだと僕は思います。

早め早めの行動で他の大学生に差をつけましょう!!