マッピン日記

Apple Pencilが刺さらない!? 最新iPadを買った時に起きた悲劇とビックカメラの神対応

はじめに

2019年1月某日、僕に一通の電話が届いた。

「マッピンさんですか? こちらビックカメラです。ご購入されたiPadが届いたので受け取りに来てください」

 

そう12月にビックカメラで購入した最新のiPadが、約1ヶ月を経てようやく届いたのだ。

「やった これでやっとiPadで絵を描く練習ができるぞ」

期待に胸を膨らまし、僕はさっそうとビックカメラへと自転車を走らせた。

この後に悲劇が訪れることを、この時の僕はまだ知らない。

iPad 開封!!

ビックカメラからすぐに帰宅し、僕はすぐにiPadをリュックから取り出した。

こちらが最新モデルのiPad Pro 11インチ

箱のデザインも宇宙を彷彿とさせるようなデザインでとてもかっこいい

早速開封してみた

中を開けるとまず待ち受けるのが半透明の袋に袋詰めされたiPad

そしてそのiPadをどかすとコードと充電機が入っていた。

 

しかしマッピンここである違和感を覚える

コードと充電機が今までのiPhoneやiPadのやつと違うのだ

それがこちらである

明らかに今までの充電器と比べるとでかい

しかもコードの先端も今までと違う

隣に並べ、比べるとさらに分かりやすいだろう

左のほうが新しいiPadのものである。

「なんで違うんだろ」

この時はさほど気にしていなかったが、この違いがまさに悲劇の元凶となるのだった。

悲劇 Apple Pencilが刺さらない!?

そして僕は早速このiPadで絵を描くために、事前に勝っておいたApple Pencilを取り出した。

「ふむふむ、Apple Pencilを使うためにはiPadを充電するときの穴に刺せば良いんだな」

いままでApple Pencilを使ったことがなかったので、使い方を調べそのサイトに書いてある通りにしようとした。

しかしマッピン、ここであることに気づく

「穴に刺さらない!?」

 

なんと新型iPadは穴の形状が変わっているのだ。

従来のiPadはこちら

「えっ、これじゃペアリングできない、Apple Pencil使えないじゃん」

そう思い再び調べてみると

何と1月現在、新しいモデルの第2世代Apple Pencilが発売されており、旧世代のApple Pencilは今回のiPadには対応していないとのこと

「はぁっ!? ( ゚Д゚)」

なぜ今回のような悲劇が起きたのか

今回の悲劇、正直僕はほとんど悪くないと思っています。

なぜかというとビックカメラではApple Pencilがガラスケースの中に入っており、店員さんに

「Apple Pencilください」

とレジで言わないと買えないんです。

そのためApple Pencilを持ってくるのは店員さんです。

持ってくるときに、新型と旧型2種類あったら

「こっちで大丈夫ですか?」

とか普通確認してくれると思うのです。

しかもその時、僕はiPad11インチモデル対応の画面に貼るフィルムと一緒に購入していました。

そのため店員さんも

「あっ、この人最新型のiPad買ったんだな」

と分かると思います。

しかし僕を対応した店員さんは旧型の第1世代のApple Pencilを持ってきちゃったんですね。

 

確かに僕にも非はあります。

事前にきちんと調べてこなかった。

「こちらのApple Pencilでよろしいですか?」と

きちんと買う前に店員さんにも確認されました。

ですけど普通わかんないですよ。

最新型のiPadでは使えないApple Pencilがあるなんて・・・

ビックカメラの神対応

せっかく買ったApple Pencilが使えない

この事実を知ったとき、僕はぶつけようのない怒りにさいなまれました。

だってApple Pencilをもう開封しちゃったんですもの

普通開封済みのApple製品は返品ができません。

また買った時のレシートももう捨ててました。

Apple Pencilって1万円もしたんですよ

僕の福沢諭吉が・・・

もうこのままメルカリデビューでもしようかなと思いました。

 

ですが一応ダメもとでも行ってみようということでビックカメラに行くことにしました。

そして店員さんに事情を説明すると、なんと

「普通はダメなんですが、今回はこちらの不備をありますし特例で交換といった形にさせていただきます。」

と言ってくださったんです。

 

「神か・・・ ビックカメラ」

一応新型Apple Pencilは1万4000円ほどで旧型と差額が4000円くらいあったので、その差額はお支払いしましたが、まさかまさか交換してくれるとは・・・

またレシートが無くても僕の場合、iPadを買った時にビックカメラのアプリを通じてポイントを貯めていたので、そのアプリにレシートの代わりになる購入履歴が残ってたため交換することができました。

アプリ入れといてよかった・・・

あっ、こちらが最新のApple Pencilです

まとめ

そんなこんなで色々とハプニングが起こりましたが、ビックカメラさんのおかげで何とかなりました。

みなさんも僕のような失敗をしないために、パソコンなど金額の高い買い物をする時はきちんと事前に調べておきましょう。

開けたときにはもう遅い、なんてこともありますからね

マッピン
マッピン
今回の神対応でビックカメラのことが大好きになったマッピンでした。